スタディを比較に比較し「厳選」した1つの商品 2017年度 ジャンルファミリーの最新レビューならココッ 2017年度

小学生の甥っ子のプレゼント用に購入しました。ほかに似たものがないから、独壇場なんでしょうけど・・高いです。テレビゲームばかりでなく!こういった遊びにも興味をもってほしかったので買ってよかったです。

これっ♪

2017年02月25日 ランキング上位商品↑

スタディ ジャンル ランキング ファミリー【予約品】3月中〜下旬発送くもんNEWスタディ将棋 ジャンルでランキング1位獲得 5才から★初心者でも、すぐに将棋が楽しめルールが自然に学べる!【知育玩具 学習玩具 くもん出版 しょうぎ ファミリーゲーム]【DC】

詳しくはこちら b y 楽 天

半分に折れて、中に駒を収納できる点はかなりいいです。親の私も初めての将棋で!進める方向が書いてあるのですぐ出来て楽しいです。子供はすぐにルールを覚えるけど!親の方がこの矢印にいつまでも頼っちゃうかも。息子へ!プレゼントしました(*^^*)父と戦ってます❗6歳の誕生日に。これを機会に大人の私も将棋を覚えることができそうです。お正月に集まる保育園〜中学生の子供たち全員で楽しめそうで!良かったです。作りが!ちゃちです。ありがとうございました。ここはマイナスかと。。駒に!進める向きが描いてあり小1でも分かりやすいです。脳のために良いそうで対戦してあげてくださいねと言われました。確かに盤もコマも立派ではないかもですが手軽に遊べて、かたづけもコンパクトで初心者におすすめです。が!購入後に「普通の将棋でよかった」と言ったりもして!「え〜!?」とも思いましたが!将棋初心者の母が相手をするときにはとても役に立っているので結果OKです。甥っ子もゲームばかりに気をとられがちでしたが!将棋に興味を持ち始め!喜んで遊んでいます。駒の動きが分かれば何とか勝負できます(笑)リアルで本も同時に購入しましたがそこの店主さん!将棋がお好きなようで昔年長の息子さんに将棋を教えて辛抱強く!良く考える子供に育ったそうで現在はお医者さんとの事。普段は妖怪ウォッチが大好きな小学3年生ですが、このくもん将棋を手渡すと目が変わって、駒に書いてある通り→の方向に駒を動かしたりして試行錯誤しながら仲良しのお友達と対戦。息子が学童で初めて将棋を覚えてきたので、初心者でも分かりやすいこちらを購入。。ギリギリの注文になってしまった為、当日には間に合わないと諦めていましたが、素早く対応していただけたお陰で間に合わせることができました。日に日にうまくなっているので、負ける日は近いと思います。最近将棋にはまってる6歳の娘が某通販雑誌を見て、「この将棋がいい!」というので、安いお店を探したらこのお店が一番お買い得だったので購入。教えた日に対戦できるのはいいです。子供のプレゼント用に買いました。5歳で、オセロは負けますが、将棋はまだ勝てます。。将棋をしたことのない私と一緒に始めたのですが!5歳の娘の方が私よりもいい手をうってくるそうで!主人ととても楽しそうに遊んでいます。。行き先が見てわかるので子供達にもやりやすく、家族皆で楽しくできました!買ってよかったです小2のクリスマスプレゼントに選びました。まだ難しいかな…と思っていましたが、これでだめならこれから始めさせよう…と買っていた「どうぶつしょうぎ」よりもこちらの方が気に入ったらしく、毎日やりたがっています。ガイドブックがこどもにもわかりやすい内容で少し横から説明を加えてあげただけで、あっという間に小1時間、将棋の対戦をすることができました。DSゲームの対戦とは全然違う、手を使い、相手との間を楽しむことのできる将棋おもしろさに気がついてくれたようでよかったです。良い買物ができました。久々に将棋を指しました。子供相手でしたが楽しかったです。私も頑張ります(*^_^*)9歳の息子の誕生日に購入。。駒の動かし方が分かりやすく満足です。先を読むの力をつけるので、子供にはすごく良いゲームだと思います。木が良くないので山崩しなどは出来ません。子供がインターネットで将棋をやっていたので!クリスマスプレゼント用に購入しました。オセロなど好きな息子が欲しがってたので!難しいんじゃないかなと思いながら買ってみたら!めちゃめちゃはまってます。正直!将棋が苦手な私ですが!これだと動きがすぐに分かるので!なんとか対戦してあげられます(6歳に普通に負けるけど)。子供の時!父の立派な将棋盤とコマで周り将棋に将棋崩しを兄弟や従兄と楽しみ!つめしょうぎにチャレンジしたり・・・最近楽しかったのを思い出して子供にもと思ったのですが!コマの動かし方を私が忘れているし!本を見なくてもわかるほうがよいかと今回この商品を購入。駒の動かしかたも矢印があるのでこどもにも分かりやすいようです。到着も早く!梱包も丁寧でよかったです。親が相手をしなければいけないのは大変ですが!自分も覚えられるし!負ける悔しさや!色々な考えがつくようで息子も何度も将棋をしています。